車のカギ

廃車にかかる費用を把握する【マイカーをお得に処分】

お得にリサイクルできる

車のおもちゃ

廃車の引き取り業者は再利用できやすいものを探しています。使える部品はリサイクルすることができて便利です。また、廃車そのものも修繕することで中古販売できることがあります。今後も引き取り業者が重宝されることは間違いありません。

読んでみよう

憧れの自動車が欲しいなら

女性

日本の高い技術によって製造されているセフィーロは、人気の高いレトロカーです。セフィーロが欲しいのならば、専門ショップで中古を手に入れてみることをオススメします。状態の良いものをスムーズに手に入れることができて快適です。

読んでみよう

車を売る時に査定する

カー

車査定の業者選びは、知名度だけで選ぶのではなく、直営で中古車販売を行っていたり修理を行っているかを知る事で、高く買い取ってもらえる可能性があります。また、車査定をしてもらう時には業者を複数社読んで、競争させる事で高く査定してもらえる可能性があります。

読んでみよう

お金をかけずに処分する

ウーマン

自分で手続きも出来ますが

自動車を手放そうと思ったものの、型が古く走行距離もかなりある場合なかなか買取が難しいと考えるかもしれません。そういった場合に次に考えるのが廃車の手続きです。廃車はどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。廃車の手続きは、業者に頼まなくても自分で行うことができます。陸運局で永久抹消登録を行います。これにより自動車税もストップします。費用は登録申請手数料350円と申請書代が100円程度かかるだけです。費用だけみると、格安ですが申請書類の作成は面倒ですので行政書士に依頼する方が安心です。行政書士に手続きの代行までを依頼するとだいたい1万円から2万円程度必要になるでしょう。これは解体業者に依頼しても同じぐらいの費用がかかるでしょう。

買取一括査定もある

解体業者に依頼する場合、上記の費用のほかに解体費用もかかります。しかし昨今は鉄の値段が高騰していますので、解体した鉄の買取料で相殺できる場合もあります。もし車が自力走行できない場合などは、運搬費用が別途必要になります。こちらは走行距離により費用が変わりますが、10kmで2万円程度かかるようです。このように廃車手続きには、意外とお金がかかるようです。しかし自分では廃車処分しかないと思っていた自動車でも、買取可能な業者もあります。型が古くても、事故車であってもそういった車を専門に取り扱う業者もあるからです。一度査定をしてみてはいかがでしょうか。業者もたくさんありますので、一括査定サービスを利用すると便利です。